リピート患者を増やす3つのポイント

調査によると、約7割の人は“まず最初にかかりつけの医者を受診します”

一方、まだかかりつけの医者がいる人は5割くらいという調査結果もあります。

ということは、気軽に受診・相談でき、信頼されるかかりつけの医者を患者さんは探して、受診したがっているわけです。だから、そういうニーズを取り込み、繰り返し訪れてもらえるようにすることが、クリニック経営の基本となるのです。

そこで、患者を取り込み、リピートして頂く3つのポイントがこれです。

 

・日程の提示

再受診の日程の目安を口頭でのみ伝えるのではなく、紙やカードで渡しましょう。書かれたものが手元にあれば、患者自身も忘れないし、家族が見ていれば、その日を意識してもらえます。

 

・コミュニケーション

調査によると、患者さんの病院に抱える不満の第2位は「医師の説明」となっています。ちなみに第1位は「待ち時間」でしたが。患者さんから見た信頼できる医者の条件の第1位は「説明がしっかりしていること」でした。つまり、医師は技術もさることながら、患者が「信頼できる」と感じるコミュニケーション能力を求められているのです。

 

・スタッフ対応

医師はもちろん、スタッフと患者さんとのコミュニケーション能力も重要です。

「お名前をお呼びするまでお待ちください」と「30分ほどでご案内しますので、あちらの空いてる席でお待ち下さい」とでは、どちらの気が楽かは、お分かりですね。患者が不安や不快な気持にならないような気配りが感じられますよね。

 

患者さんの満足度は医師だけでなく、クリニック全体の雰囲気が影響します。満足度を上げて、再来院してもらえるよう色々な面から、患者さん目線の対策が大事です。

 

いかがでしたか、今回は「リピート患者を増やすポイント」についてのご紹介でした。

新規の患者さんを取り込み、リピート率を高める事でクリニックの経営は大幅に安定します。常に患者さんとの関係を意識したクリニック経営の参考に是非、して下さい。