三大栄養素って、何?

PR|SEO集客ならBTC

私たちが普段食べる食物にはたくさんの栄養素が含まれています。そのなかでも、「タンパク質」「糖質」「脂質」の三つは三大栄養素と呼ばれて、人の生命維持や活動に欠かせないエネルギー源となっています。ここでは、その役割や多く含まれる食品について触れてみました。

・タンパク質

私たちの体を形成する、筋肉や骨、皮膚、臓器、毛髪、血管、酵素、ホルモンなどを作る
原料がタンパク質です。タンパク質は約20種類のアミノ酸が結合して出来ています。体内で作れない種類のアミノ酸は食品から摂取する必要があり、これを「必須アミノ酸」と呼んでいます。必須アミノ酸が不足すると、脳の働きが鈍る。体力、スタミナの低下。貧血。肌荒れ。抵抗力の低下 等の症状が起こります。大豆などの植物性タンパク質は必須アミノ酸がバランスよく含まれ、良質のタンパク質と言えますが、肉や魚、卵などに含まれる動物性タンパク
質は過剰に摂取すると、体外に排出される時に大量のカルシウムを消費するので、骨粗鬆症の原因となります。また、痛風、肥満、尿毒症、神経過敏症を招くこともあります。

・糖質

糖質は炭水化物を構成する成分で、でんぷん(ご飯やパンの主成分)や、砂糖などの甘味料、果物に含まれる果糖などです。糖質は分解されてブドウ糖になり、血液を通じて体内の各組織に運ばれて、分解の過程で1g当たり4kcalのエネルギー源となります。過剰になったブドウ糖はグリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄えられますが、限度を超すと体脂肪となって、肥満の原因となります。逆に不足すると、エネルギー不足で疲労を感じ易くなります。1日の必要量は成人男女とも400gです。

・脂質

脂質は三大栄養素の中で最も高いエネルギー(1g当たり9kcal)が得られます。1日の必要量は成人男性69g、女性56gと言われています。エネルギー源となるばかりでなく、ステロイドホルモンの原料や細胞膜の構成成分となり、またビタミンの吸収促進など、体にとって欠かせないものです。取り過ぎると肥満の原因ですが、不足すると成長の遅れ、湿疹、血管がもろくなる、皮膚のかさつき、等の症状が出ます。
いかがでしたか、今回は「三大栄養素」についてご紹介しました。
私たち人間の生命活動にとって、欠かせないエネルギー源として、もう一度見直し、この三大栄養素の大切さを確認して、あなたの健康なハッピーライフの参考にしてください。